ヘイに転職するには?気になる選考情報や口コミ評判まで徹底解説!

ヘイに転職するには?気になる選考情報や口コミ評判まで徹底解説!

ヘイへの転職を考えている人であれば、ヘイの評判・口コミ、選考、面接、評価などの情報が気になるでしょう。そこで、今回はヘイの評判・口コミ、選考、面接、評価などの情報について詳しくご紹介いたします。ヘイへの転職を考えている方は是非、参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.ヘイの特徴と転職のポイント
  2. 2.ヘイの企業情報
  3. 3.ヘイの待遇や労働環境は?
  4. 4.ヘイの評判・口コミは?
  5. 5.ヘイの選考情報
  6. 6.ヘイの採用情報
  7. 7.ヘイに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.ヘイへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ヘイの特徴と転職のポイント

[引用元:https://hey.jp/]

ヘイの特徴と転職のポイント

  • ヘイの特徴
  • 転職のポイント

まず、最初にヘイの特徴と転職のポイントをご紹介いたします。

ヘイの特徴

ヘイの特徴は以下の通りです。

ヘイの特徴

  • 「Just for Fun 楽しみのための経済へ」をコンセプトに掲げるIT企業
  • 個人・スモールビジネス向けのECサイト・キャッシュレス決済サービスを提供
  • 取締役会の役員にはスタートアップ界隈で名を馳せるトッププレイヤーが名を連ねている
  • アロハシャツ姿の写真やオリジナルブランドの展開など「遊び心」のある取り組み
  • 2018年から2019年にかけて100名以上を採用するなど、事業を急速に拡大している

転職のポイント

ヘイは、現在急速に成長しているので、転職希望者が多い企業でもあります。

そのため、ヘイへの転職は難易度が高く、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントの利用が転職のポイントです。
転職エージェントを利用することで、ヘイの転職に有利な情報を知ることができ、転職活動を円滑に進められるようになります。

ヘイの企業情報

出典: https://hey.jp/uploads/press/2018-05-28_00.jpg

ヘイの企業情報

  • ヘイの企業概要
  • ヘイのミッション
  • ヘイの提供しているサービス

ヘイへの転職を考えているのであれば、企業情報を知っておくことは非常に大切です。

特に中途採用面接では、ヘイの企業情報をよく理解していないと答えられない質問が多く問われるでしょう。
そこで、ここではヘイの「企業概要」「事業内容」「ミッション」「提供しているサービス」について詳しくご紹介いたします。

ヘイの企業概要

ヘイは、2012年に設立され、インターネットビジネスの企画・開発・運営を行っているスタートアップ企業です。

本社は東京都渋谷区に位置し、資本金は2019年時点で1億円に上ります。

また、ヘイのグループ会社は以下の通りです。

  • ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社
  • コイニー株式会社
  • クービック株式会社
また、2021年1月1日からグループ会社3社を吸収合併し、ヘイはさらにサービス展開を加速する予定です。

ヘイのミッション

ヘイのミッションは「Just for Fun」です。

Just for Funには、以下のような思いが込められています。

ミッション

  • 本当に楽しいと思えるモノやコトが、本当に必要としている人たちをつないでゆき、ひとりひとりにとって居心地の良い豊かな世の中を作る

そのため、ヘイは自分の仕事を楽しめる人材を重要視していると言えるでしょう。

ヘイの提供しているサービス

ヘイが提供しているサービスは、以下の3つです。

  • 自分で本格的なネットショップが作れるサービス「STORES」
  • お店の方向けのキャッシュレス決済サービス「STORES 決済」
  • 無料からはじめられるオンライン予約システム「STORES 予約」

ヘイの待遇や労働環境は?

出典: https://hey.jp/uploads/press/2018-05-28_06.jpg

ヘイの待遇や労働環境は?

  • ヘイの待遇
  • ヘイの労働環境は?

やはり、ヘイへの転職を考えているのであれば、ヘイの待遇や労働環境に関する情報が気になりますよね。

そこで、ここではヘイの「待遇」と「労働環境」について詳しくご紹介いたします。

ヘイの待遇

ヘイの待遇として「平均年収」と「福利厚生」について詳しくご紹介いたします。

ヘイの平均年収

ヘイは非上場企業ですので、平均年収は公開されていません。

インターネット上に公開されているさまざまな情報を調査した結果、ヘイの平均年収は200〜500万円前後という結果になりました。

国税庁が2020年9月に発表した民間給与実態統計調査によると、日本国内の平均年収は436万円です。

そのため、ヘイは、日本国内の平均年収とほぼ同じぐらいの年収がもらえる企業だと言えるでしょう。

ヘイの福利厚生

ヘイの企業ホームページに掲載されている福利厚生は以下の通りです。

福利厚生

  • フレックスタイム制
  • ホームオフィスサポート
  • 勉強会サポート
  • 書籍購入サポート
  • アーロンチェアサポート
  • ウェルカムサポート
  • ノミニー制度
  • アルコールドリンク無料
  • ビアボーナス
  • STORE Visit
  • Fun For Kids
  • サバティカル休暇
  • 結婚手当

ヘイの福利厚生は、リモート環境への投資を毎月補助する「ホームオフィスサポート」や「勉強会サポート」「書籍購入サポート」など、仕事に関するサポートが特に充実していると言えるでしょう。

フレックスタイム制では、コアタイムが12:00〜16:00となっており、比較的自由な働き方ができる体制を整えています。

また、一緒に働きたい友人や知人との食事代を補助する「ノミニー制度」や「アルコールドリンク無料」などのユニークな福利厚生が多いのも特徴です。

ヘイの労働環境は?

ヘイの労働環境として「残業時間」と「ワークライフバランス」についてご紹介いたします。

ヘイの残業時間

実際にヘイで働いている社員の評判・口コミによると、ヘイの残業時間は10時間程度で、ほとんどの人は20時間以上も残業をしてないそうです。

厚生労働省が令和2年に発表した「毎月勤労統計調査 令和元年分結果確報」では、パートタイムを除いた労働者の月間平均残業時間は14.3時間となっています。

そのため、ヘイの残業時間は、日本国内の平均残業時間よりも少ないと言えるでしょう。

男性

男性

ヘイの残業時間は人や時期によって変わってきますが、多くの人は20時間以内でした。
自分の場合は、毎月10時間以内と残業時間はほとんどありませんでした。

ヘイのワークライフバランス

ヘイでは「フレックスタイム制」が導入されているため、コアタイムの12:00〜16:00以外は、プライベートの予定に合わせて仕事ができます

また、好きな曜日に週一でリモートワークが使える制度も導入されており、比較的ワークライフバランスが取りやすい環境であると言えるでしょう。

男性

男性

フレックスタイム制を導入していることによって、朝の通勤ラッシュを避けたり、夜の勉強会に合わせて仕事ができたりと非常に便利です。
また、特に便利なのが大手企業だとよくありがちな残業申請を行わなくていいことです。基本的に、月の営業日数×8時間の出勤をしていれば問題ありません。
そのため、何か問題が発生して1日8時間以上働かなくてはいけなくなった時に、別の日の業務時間を減らせばいいだけなので、非常に楽です。

ヘイの評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

ヘイの評判・口コミは?

  • 待遇について
  • 仕事のやりがい・成長について
  • 社員の雰囲気について

ヘイへの転職を考えている人は、実際にヘイで働いている社員のリアルな評判・口コミが知りたいですよね。

そこで、ここではヘイの「待遇」「仕事のやりがい・成長について」「社員の雰囲気について」に関するリアルな評判・口コミをご紹介いたします。

待遇について

男性

男性

ヘイの待遇はかなり充実していますね。特に福利厚生に関しては、利用しやすく社員からの評判は良いです。ただ、領収書が必要になる福利厚生は少しめんどくさいので、改善するか給与に反映して欲しいですね。

仕事のやりがい・成長について

男性

男性

ヘイはベンチャー企業ですので、新しいサービスを作り出すという面白味があり、非常に仕事のやりがいがあります。
また、ヘイで一緒に働いている社員の方は、優秀な方が多く、一緒に働いているだけでも刺激を受けたり、多くのことを学べたりします。
教育制度は特になく、現場で先輩社員から直接学ぶことが重要です。自分から積極的に学んでいかないと、どんどんと置いてかれてしまいますね。
そのため、「バリバリと仕事をして成長したい!」と考えている方には非常におすすめの企業です。

社員の雰囲気について

女性

女性

社員の方は、落ち着いた方が多いですね。企業のホームページでは、経営陣がアロハシャツを着てるので、チャラいイメージを持たれやすいですが、実際は普通の方がほとんどです。

ヘイの選考情報

[引用元:https://hello.hey.jp/]

ヘイの選考情報

  • ヘイの選考フローと面接内容
  • ヘイの面接傾向と質問例
  • ヘイの求める人物像

ヘイへの転職を考えているのであれば、選考情報を詳しく理解しておく必要があるでしょう。

そこで、ここではヘイの「選考フローと面接内容」「面接傾向と質問例」「ヘイの求める人物像」について詳しくご紹介いたします。

ヘイの選考フローと面接内容

ヘイの選考フローは以下の通りです。
 

Step.1 書類選考
Step.2 1次面接(現場マネージャー、またはCOO面接)
Step.3 2次面接(社長面接)
Step.4 内定

ヘイの1次面接は、基本的に現場マネージャーが面接官です。ただし、応募する職種や前職での経験によって、COOなど違う役職の方が面接官になる場合もあります。

そのため、1次面接は一緒に働く社員と面接をするので、自分がどのようなスキルを持っているかアピールすると良いでしょう。

また、2次面接は、社長面接です。そのため、自分の仕事に対する価値観などをアピールすると良いのではないでしょうか。

ヘイの面接傾向と質問例

ヘイの中途採用面接では、以下のような質問が聞かれます。

  • 周りからどういう人だと思われてますか?
ヘイでは、応募者を多面的に見るために以上のような質問をしているそうです。多面的に見ることによって、応募者の適性を判断しています。

また、ヘイはベンチャー企業で社員数が少ないので、即戦力になる人材しか求めていません

そのため、面接では「応募者の人柄とヘイのマッチ度」「適している仕事や環境」などを把握するための質問が多い傾向があると言えるでしょう。

ヘイの求める人物像

ヘイは、職種によって求める人物像が異なります。

そこで、ここでは一部例として「バックエンドエンジニア」「フロントエンドエンジニア」「プロダクトマネージャー」「データアナリスト」の4つの職種の求める人物像をご紹介いたします。

バックエンドエンジニア

  • heyグループ、STORESブランドプロダクトへの共感
  • 技術に対する知識を持ち、継続的に学習している
  • Webパフォーマンス、Web APIに対するこだわりがある
  • 可読性や保守性の高い設計をしたい
  • 課題解決に向けて、失敗を恐れずチャレンジマインドで取り組める

フロントエンドエンジニア

  • heyグループ、STORESブランドプロダクトへの共感
  • 技術に対する深い知識を持ち、継続的に学習している
  • デザインやUIへの興味関心がある
  • 可読性や保守性の高い設計や実装をしたい
  • サービスの設計、開発、テスト、運用を幅広く経験したい

プロダクトマネージャー

  • heyグループ、STORESブランドプロダクトへの共感
  • 技術に対する深い知識を持ち、継続的に学習している
  • デザインやUIへの興味関心がある
  • 可読性や保守性の高い設計や実装をしたい
  • サービスの設計、開発、テスト、運用を幅広く経験したい

データアナリスト

  • heyグループ、STORESブランドプロダクトへの共感
  • ユーザーのことをイメージしながら、業務を進めることができる
  • 関係者と円滑に業務を進めるためのコミュニケーション能力

ヘイの採用情報

[引用元:https://hello.hey.jp/]

次に、ヘイの採用情報について、現在募集されている職種をご紹介いたします。

ヘイの募集職種

ヘイが現在募集している職種は以下の通りです。

  • SRE
  • セキュリティエンジニア
  • データエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • プロダクトマネージャー
  • フロントエンジニア
  • IT総務
  • カスタマーサクセス オンボーディング
  • シニアプロダクトデザイナー
  • データアナリスト
  • パートナーセールス
  • プロダクトオーナー
  • プロダクトデザイナー
  • プロダクトマネージャー
  • 採用人事
  • etc.

ヘイに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

2020年10月の転職市況感としては、正直厳しくなってきています。

ここ数年は雇用情勢が比較的安定していたこともあり、求人数・求職者数ともに高い水準で推移していましたが、2020年の1月からは有効求人倍率が下がりはじめ、コロナの影響も相まって5月の段階では1.20倍となり、市場は売り手市場から買い手市場に変化しました。

今回のコロナショックによる自粛や経済活動の縮小は長期化する可能性が高く、「落ち着いたら動き始めよう」と思っていても、なかなか状況が好転しないという可能性もあるという状況です

上記の理由から、企業の採用HPを見ても募集が減少している状況が顕著に見られます。
ただし、このような状況でも転職エージェントにはヘイの非公開求人が存在する場合があり利用してみる事をおすすめします。

また転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. ヘイに関する求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. ヘイ以外の適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力と豊富に求人を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
ヘイへ転職したいのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

ヘイへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

今回は、ヘイの転職に関する評判・口コミ、選考、面接、評価などの情報を詳しくご紹介いたしました。
ヘイはスタートアップ企業で、現在急成長している企業だとお分かりいただけたでしょうか。

2021年1月1日からはグループ会社を吸収合併し、さらなる拡大が期待できます。
また、ヘイへの転職を考えているのであれば、手厚い転職活動のサポートをしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

また、その他の企業の選考情報も知りたい方には転職情報サイトのインテリゴリラの利用がおすすめです。
内定者から聞いた選考体験記など、非公開の情報があるので他の転職希望者に大きく差をつけることができます。

併せて確認しましょう。
=================================================================
ヘイの面接でよく聞かれる質問は?

=================================================================

佐藤健太
ライター

佐藤健太

人材系の会社を2年ほど経験し、現在はWebライターとして活動しています。キャリア系などの記事を中心にさまざまなジャンルを執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング