【人事システムの刷新!?】人事系コンサルティングファーム会社一覧

【人事システムの刷新!?】人事系コンサルティングファーム会社一覧

人事システムや福利厚生の構築を行う人事系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。人事系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.人事系コンサルティングファームとは?
  2. 2.人事系コンサルティングファーム一覧

人事系コンサルティングファームとは?

人事系コンサルティングファームは、人と組織に関しての課題解決を専門にコンサルティングをおこなっています。
他コンサルとの違いは、コンサルティングの対象が外部に対してではなく、企業で働く人々だという点です。

人事系コンサルティングファームのコンサルティング業務は大きく分けて3つあります。
人事における各種制度や福利厚生の設計、新人に対する教育や経営層に対する研修、
企業の海外進出や、M&Aにともなう組織の再整備にともなって、人事システムを刷新などを行います。


人事コンサルティングの業務に関して、それぞれ具体的に説明します。
各種制度は、年俸制を導入するために人事制度の再構築、成果主義に基づいた給与体系の見直し、などを行います。
福利厚生は、確定拠出型年金の導入、新しい年金制度、退職金制度の導入、などを行います。
教育や研修は、マネジメント力やモチベーションの向上、組織活性などを図ります。
組織の再整備は、企業の統合や多国籍化で変化した企業に対して、人事のシステム化を図ります。

人事系コンサルティングファームの中でも、外資系と日系では得意とするコンサル領域が異なっています。
外資系人事コンサルは、人事制度や福利厚生、年金などの領域を中心に行っていて、
国内系人事コンサルは、採用や研修のなどの領域を中心に行っています。
人事系コンサルティングファームへの転職の際は、ぜひ参考にしてください。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

人事系コンサルティングファーム一覧

レイスグループ

レイスグループは業種・業界問わず経営顧問事業・スカウト事業・Webソリューション事業など24もの事業を手掛けるコンサルティングファームです。 経営上の課題を解決することをサポートすることを主な事業としていて、クライアントと共にクライアントの歴史を変える取り組みに携わることが出来る点が醍醐味です。 さらに、コンサルの側面を持つ一方で、人材サービスや広告なども手掛けていて、業種や業界は関係なく、多面的な切り口から経営課題の解決を支援している点がレイスグループの最大の特徴です。

新経営サービス

新経営サービスは、京都を中心とした老舗の経営コンサルティング会社です。 各コンサルタントの意見が通りやすく裁量が大きく、小回りの利く中小規模の会社で随時中途採用を募集している、といった特徴があります。 顧客は中小企業がメインで、一部上場からスタートアップまでさざまな企業のコンサルティング実績があり、その数は2000社以上にのぼります。 またGPTWジャパンが主催する「働きがいのある会社」にも5年連続で選出されるなど、社員の労働環境改善にも力を入れている企業です。

あしたのチーム

あしたのチームは、ベクトルを親会社として持つ、人事に欠かせないシステムを提供している企業です。 主要サービスとしては、自立型人材の育成とパフォーマンス向上等に定評がある人事評価システム「ゼッタイ評価」と、人事評価制度の運用だけでなく、社員情報の管理が行えるクラウドサービス「あしたのクラウド」です。 同社の人事システムのシェアは第一位です。4000社以上の企業に導入されており、RubyBizグランプリ2017やグッドデザインアワード2019など多数の受賞実績があります。 あしたのチームは、教育・人事評価制度の構築から運用とクラウド化により、人と組織の成長を支援する企業です。

クレイア・コンサルティング

クレイア・コンサルティングは、ビジネス環境に合わせた「ベストプラクティクス」を追求し、組織・人事領域に専門特化したコンサルティングサービスを提供しています。 米大手コンサルティングファーム「アーサー・アンダーセン」のメンバーが、2002年に独立・創業し、大企業からベンチャー企業まで様々な業種・規模のクライアントにClient Firstを信条とし、期待を確実にカタチにするサービスを提供するプロフェッショナルファームです。 クレイア・コンサルティングは、強みとしているコンサルティングサービスを活用し、さまざまな業種の企業から依頼を受け、それに対応できるコンサルタントのプロがいる環境で学ぶことができる企業です。

トライアンフ

トライアンフは、戦略立案から実行までの一貫したサービスを提供しており、人事制度設計や評価制度設計、組織診断などの人事・採用コンサルティングで3,000社以上の課題解決をしている企業です。 戦略立案から実行までのサポートを行っており、人事領域のコンサルティングを幅広くカバーしたソリューションを提供しています。 トライアンフが目指しているのは、既存のサービスの枠にとらわれないソリューション提供です。 フレームワークでのコンサルティングではないため、クライアントが抱える課題に対して徹底的に寄り添い、最適な解決策を導き出しています。

ウイリス・タワーズワトソン

日本におけるウイリス・タワーズワトソンは、保険代理店およびリスクマネジメント・コンサルティングの分野におけるサービスを提供していることです。 ウイリス・タワーズワトソンの事業運営は「人材」「リスク」「資産」の分野で、データとソリューションを提供し、クライアントのレジリエンスを高め、従業員のパフォーマンスを最大化しています。 イーデザイン損害保険株式会社とリスク分析の面から、クライアントの行動予測に加えて、損保業界で日本初のWebサイトへの反映を可能にする統合的プライシング・ソフトウェアを採用しています。

マーサージャパン

マーサージャパンは成長と買収を通じて拡大し、保健、年金、投資、人材分野のグローバルリーダーへと成長したコンサルティングファームです。 現在、マーサージャパンは世界中で130もの市場でお客様と協働し、彼らの従業員の未来をより明るくし続ける支援をしています。 特徴としては、人事の視点に閉じない戦略的アプローチとグローバル案件に強みを持っている点が挙げられます。 人事屋的なコンサルティングからの脱却を目指し、マッキンゼー、BCG、ワトソンワイアット出身者を経営層に迎え、戦略的アプローチからのコンサルティングを強化しています。

コーチ・エィ

コーチ・エィは、2001年8月に創業の人事系のコンサルティングを行う日系コンサルティングファームです。 具体的な事業内容には、法人向け組織開発型コーチング事業(システミック・コーチング)組織リサーチ、コーチングの成果測定および研究(コーチング研究所)コーチング型マネジャー育成プログラムの運営(コーチ・エィ アカデミア)などがあります。 まずコーチ・エィは「システミック・コーチング」という考え方に基づき、企業内のリーダーや幹部にコーチングを通じて、組織内に自立した主体的なリーダーを増やすことを目指しています。

アドバンテッジリスクマネジメント

アドバンテッジリスクマネジメントは、メンタル面での課題解決を通して企業の健全な経営をサポートするという独自の事業展開をしている会社です。 急激な市場環境の変化や新しい働き方へのシフトチェンジによって、現代社会人はうつや休業などメンタル面で多くの課題を抱えています。 それに対してメンタルヘルス事業で解決できるというのが、アドバンテッジリスクマネジメントの強みです。 特徴として、メンタルヘルスに関する専門家が多数在籍していて、科学的根拠に基づく改善プログラムを導入している点が挙げられます。

ジェイック

ジェイックは教育融合型人材紹介サービスを営む、人材・教育コンサルティングを行う企業です。 主に、従業員が300名未満の中堅中小企業に対して、自社で教育指導した人材を紹介するサービスを行っています。 ジェイックの強みとして、幅広い事年代のカレッジを持っていることが挙げられるでしょう。「カレッジ」というのはジェイックが儲けている区分の様なもので、フリーターや第二新卒層を対象とした「就職カレッジ」、女性に特化した「女性カレッジ」、大学中退者を対象とした「セカンドカレッジ」などがあります。

グロービス

グロービスは、人材育成と組織開発を推進するグロービス経営大学院(MBA)や、ベンチャー企業への投資・育成を行うグロービス・キャピタル・パートナーズなどの事業を展開しています。 代表取締役の堀義人が1992年に立ち上げ、国内だけでなく、中国やシンガポール、タイなどの海外へも進出しています。 「グロービス経営大学(MBA(経営学修士)プログラム)」「グロービス・マネジメント・スクール」などを運営しています。 グロービス経営大学では、MBA(経営学修士)プログラムを提供しており、高いスキルを持ったビジネスマンの多くに人気です。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

関連記事

目次

人気記事ランキング