【経営者と二人三脚】経営コンサルティングファーム会社一覧

【経営者と二人三脚】経営コンサルティングファーム会社一覧

経営支援のプロフェッショナルである経営コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。経営コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.経営系コンサルティングファームとは?
  2. 2.経営系コンサルティングファーム一覧

経営系コンサルティングファームとは?

経営系コンサルティングファームは、名前の通り企業の経営上の問題を解決できるようサポートします。

経営コンサルタントは、戦略、人事、業務、財務、ITなどを含めた、経営全般に携わります。
クライアントは、それぞれの専門分野のコンサルタントを、何人も抱えるのが難しい中小企業が多いようです。

企業の専門家と連携をとって、コンサルティングを進めていくのが特徴です。
業務として、資金調達や事業再生を行うケースがあるので、クライアントからの感謝を頂くことや末永くお付き合いしていただける場合もあります。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

経営系コンサルティングファーム一覧

タナベ経営

タナベ経営は、チームコンサルティングブランド(TCB)を展開しており、タナベ経営独自のメソッドで「変化と成長に挑む戦略パートナー」を実現しています。 コンサルティング提案を行うことが目的ではなく、あくまでも「課題解決」という結果を生み出すことが事業目的のひとつで、その結果、企業の繁栄が地域や社会の繁栄へと繋がっていくとタナベ経営は考えています。 そのために、やり抜く力、社会に貢献していきたいという熱い想い、そしてPDCAサイクルを回し、一歩一歩着実に歩みを進めることができる人をタナベ経営は必要としています。

ピー・アンド・イー・ディレクションズ

ピー・アンド・イー・ディレクションズは成長戦略立案や計画策定、実行支援に強い経営コンサルティング企業です。 「P&E」の社名の通り、計画策定(Planning)と実行支援(Excution)の双方からクライアントの事業成長に貢献することをミッションとしています。 新卒でアップルに入社した島田直樹氏が、その後MBA、外資系戦略コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループ、ICGジャパンを経て、世の中にはない会社を目指し「プランニング&エグゼキューション」をモットーに創業しました。

レイヤーズ・コンサルティング

レイヤーズ・コンサルティングは、オープンイノベーションの実現が強みの経営コンサルティング事業を行っています。 他には、ロングリレーションシップの構築、経営を4つのレイヤー(層)に分けて考える独特なコンサルティングの体系、クライアントに寄り添ったコンサルティングの進め方が特徴として挙げられます。 コンサルティングの方針が実行主義であり、三現主義を徹底しつつ、クライアントと協働しながら執念と情熱で最後までやりぬく企業です。

新経営サービス

新経営サービスは、京都を中心とした老舗の経営コンサルティング会社です。 各コンサルタントの意見が通りやすく裁量が大きく、小回りの利く中小規模の会社で随時中途採用を募集している、といった特徴があります。 顧客は中小企業がメインで、一部上場からスタートアップまでさざまな企業のコンサルティング実績があり、その数は2000社以上にのぼります。 またGPTWジャパンが主催する「働きがいのある会社」にも5年連続で選出されるなど、社員の労働環境改善にも力を入れている企業です。

リンク・ソリューション

リンク・ソリューションは、株式会社ベンチャー・リンクのコストダウン事業部門を分社化し、現在の株式会社リンク・ソリューションを設立。 その後、ベンチャー・リンクの中小企業ネットワークを活かした大手企業向けの購買活動の支援や、「Total Costdown System」(トータルコストダウンシステム)サービスをスタートさせ、事業を拡大しています。 さまざまな事業を展開する中で、海外に現地法人を設立するなど、幅広く活動し、新たなシステムの構築に取り組んでいます。

日本能率協会コンサルティング

日本能率協会コンサルティングは、株式会社 JIPMソリューションと合併し、現在の日本能率協会コンサルティングとして設立し、「持続可能な社会」の実現を目指し事業を拡大させています。 日本能率協会コンサルティングの特徴は、先進国の技術を日本企業へと還元するため、国の政策として誕生したことです。 日本能率協会コンサルティングの強みは、80年近くにわたり、経営管理技術の開発で企業の躍進をサポートし、築いてあげてきた実績です。 「アジアニゼーション」というコンセプトのもと、成長が著しい市場でのコンサルティングにも注力し、クライアントは50以上の国や地域に広がっています。

BCG

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は1963年に創設、アメリカに本社を置く、世界的に有名な戦略コンサルティングファームです。 全世界で戦略コンサルティングビジネスを展開しているため、グローバルで年齢や学歴に偏りのない、多様性に富むチームを抱えており、産業や経営トピックに関する深い専門知識と企業変革を促進する洞察を有しています。 これらに加えて、テクノロジー、デジタルベンチャー、パーパスなどの各領域の専門組織やスキルも活用し、現在の時流にあった難易度の高い経営課題に対しソリューションを提供します。 戦略コンサルのファームの中でもいち早く、ITスキルに着目し総合系コンサルに近い案件も手掛けるようになりました。

A.T.カーニー

A.T.カーニーは1926年に米国シカゴで創立された世界有数の外資系の経営コンサルティング会社です。 高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では全世界41カ国63の拠点に3,600名以上のスタッフとグローバルネットワークを擁します。 あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国の大手企業や政府系機関等を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITにいたるまで一貫した高品質のサービスを提供しています。

サーキュレーション

サーキュレーションは、2014年に設立された、経営課題解決のサービスとして「ProSharing」の開発・運営をはじめとして幅広いプロシェアリングサービスを提供する急成長中の企業です。 設立した翌年の2015年にはベンチャー通信部が開催する、ベストベンチャー100にも選出されるなど、設立当初から注目を集めています。 プロシェアリングと呼ばれるサービスは、サーキュレーションのデータベースに登録している、各分野のプロフェッショナル人材の経験や知見を複数企業に共有し、支援をすることで企業の課題解決をサポートするサービスです。 他に、新規事業・営業支援・M&A・業務改善・広報・ブランディング・財務分析・ガバナンス強化・人事制度改革などを行っています。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

関連記事

目次

人気記事ランキング