SAS Institute Japanの転職情報|選考フローや会社概要も

SAS Institute Japanの転職情報|選考フローや会社概要も

SAS Institute Japanの転職情報について解説 します。アナリティクスの事業内容、採用情報や社員の口コミなどの情報も公開。SAS Institute Japanに興味のある方、AIのソフトウェア開発会社に転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.SAS Institute Japanの転職を成功させるためのポイント
  2. 2.SAS Institute Japanの転職で募集職種
  3. 3.SAS Institute Japanの選考フロー
  4. 4.SAS Institute Japanの面接の傾向
  5. 5.SAS Institute Japanの評判
  6. 6.SAS Institute Japanの会社概要
  7. 7.SAS Institute Japanの読み方は?
  8. 8.SAS Institute Japanが日本における「働きがいのある会社」ランキングに選出された要因
  9. 9.SAS Institute Japanへ転職をしスキルを活かそう

SAS Institute Japanの転職を成功させるためのポイント

Photo byPexels

SAS Institute Japanの中途採用面接では、過去の仕事内容や成果、今後のビジョンを主に問われます。その他にも、人間性についても見られるため、事前に対策をしておきましょう。
そこで、SAS Institute Japanの転職を成功させるためのポイントについて紹介します。
なぜSASに転職したいかを明確にするために、下記の内容を確認して挑むようにしましょう。

・社風に合っているかどうか

SAS Institute Japanは、「The Power to Know®(知る力)」をキャッチコピーにしており、テクノロジーの力によって経営課題を解決し、成長につなげるための「知る力」を提供しています。また探究心、知的好奇心を持ち、創造的に取り組む社風を重要視し、活躍できる人材が求められています。

・SASのVision&Missionを理解する
SASは、「データがあふれる世界をインテリジェンスに満たされる世界に変える」をVisionに掲げ、アナリティクスの力を活かした「誰もが信頼性の高いデータに基づき、より優れた意思決定を行うことのできる世界」の実現を目指しています。
Missionは、「世界で最も信頼されているアナリティクスで、お客様にパワーとインスピレーションをお届けする」で、優れた意思決定が適切な瞬間におこなわれ、着実で迅速な前進につなゲル集団のエネルギーを重視しています。このVision&Missionの内容を把握し、自己分析に活かしましょう。

なぜSASに転職したいのかを明確にする
面接の際に「なぜSASが良いのか」という質問はされる場合が多いです。この質問を通して、「社風や理念についての理解」「同社で過去のスキルや経験をどう活かすのか」など、企業とのミスマッチを防ぐよう努めています。
SASが良い理由を明確にするには、競合他社との比較が必要です。他社の社風や特徴を理解し、企業理解を深めましょう。

上記の内容をもとに、面接に備えた企業研究をおこない、SASへの転職を成功させましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

SAS Institute Japanの転職で募集職種

Photo byStartupStockPhotos

電通国際情報サービスのキャリア採用での募集職種を紹介します。
現在、下記の職種で募集が行われています。

・アカウントエグゼクティブ(銀行)
・シニアカスタマーサクセスマネージャー
・シニアアソシエイトカスタマーサクセスマネージャー
・カスタマーサクセスマネージャー
・APACテクニカルサポートエンジニア
・プリンシパルSASクラウドアーキテクト
・クラウドビジネス開発マネージャー
・HRビジネスパートナー及び人材獲得(JMP)
・テリトリーソリューションスペシャリスト(リスク)
・テリトリーソリューションスペシャリスト(カスタマーインテリジェンス)
・インサイドセールスアカウント担当者(JMP)
・分析テクニカルサポートエンジニア(JMP)
・シニアアソシエイトテクニカルサポートエンジニア
・IOTスマートサービスコンサルタント
・Sr Technical Consultant for Forecasting & Optimization
・Sr Pre-Sales Solutions Architect
・Sr. Business Value Engineer


SASは、企業の経営課題解決を支援するアナリティクス・ソフトウェアとサービスを行い、アメリカ本社を始め多く国で、金融機関向けに提供するAI、マーケティング、リスク管理、不正対策といったソリューションの市場戦略を企画・推進しています。また、金融機関向けDX推進のコンサルティングチームが、クラウドソフトウェアの提案だけでなく、長期的な顧客密着型プロジェクトを進めています。
主な仕事として、顧客の課題を理解、提案内容の策定やビジネス価値の提供、リスク管理、不正・犯罪対策、マーケティングソリューション、分析プラットフォーム、クラウドサービスの提案を行います。
 

SAS Institute Japanの選考フロー

フリー写真素材ぱくたそ

SAS Institute Japanの選考フローは基本的に職種やチーム、要件によって異なりますが、主な流れは下記のとおりです。

  1. コーポレートサイト上の応募フォームより応募
  2. 書類審査
  3. 一次面接(電話またはビデオ電話)
  4. 二次面接
  5. 最終面接

応募フォームによる応募後は、書類審査が行われます。書類審査が通過後は、一次面接で採用チームの社員が担当します。実施内容は、電話またはビデオ電話で行われます。一次面接通過後は、二次面接で所属するチームの担当者と再度電話での面接があり、担当業務に関する内容にフォーカスした質問がなされます。最終面接では、オンラインではなくオフィスで実施され、企業を選んだ理由など、企業が求める人物像とのミスマッチがないかの確認の内容で、眼説が進みます。
選考に進むにつれて、企業に関する詳しい内容や今度のキャリアプランについてなどの質問が多くなってくるので、企業研究・自己分析を十分に行い、企業の求める人物像とマッチするよう理解を深めておきましょう。

SAS Institute Japanの面接の傾向

Photo bystyles66

SAS Institute Japanの面接は、どのような傾向があるのか紹介します。
主に、企業文化に新しい要素を加え、企業の成長に貢献してくれる人材か見極められます。そのため、社風を理解し、自らの提供価値を具体的にアピールできるよう自己分析する必要があります。
「企業の成長にどう貢献できるか」、「他部署と意見が合わなかった場合の対応方法」など具体的な根拠を求められるもの質問もされます。これらの対策として、コーポレートサイトや記事を見て、企業の強みの把握、自分自身の強みを向上させるために活かせるスキル・経験を探すなどがあります。
SAS Institute Japanの面接では、企業についてよく理解しているかの確認はもちろん、自己分析ができているかの確認もされる内容が多いです。自分自身について知ることで、企業とのミスマッチを防ぎ、自分のスキルで企業にどう貢献できるかを話すことができます。自分についても理解を深めて、面接に挑むようにしましょう。また面接の話題において、資格や経験も話せるとより良いでしょう。

面接で実際に聞かれた質問

SAS Institute Japanの面接では、企業の方向性や求める人材像を理解し、強い探求心や知的好奇心を持っているかが見極められます。そのため、好奇心を持って変化を起こせる人材であることをアピールできるよう、エピソードをいくつか準備しておく必要があります。
そこで、実際にSAS Institute Japanの面接で出された、過去の質問内容を紹介します。

他部署と仕事内容の意見が合わない時はどう対応するか?
・ECを営む会社の売上げ向上案を考えて発表
・SASの強み弱みは?
・組織にどう貢献していくのか


上記のような面接の傾向を理解し、面接対策として自分ならどう答えるか具体的なシミュレーションしておきましょう。

SAS Institute Japanの評判

Photo byStartupStockPhotos

SAS Institute Japanの評判を紹介します。


職場の雰囲気としては、「それぞれの部署でスタッフの専門性が高く、部門間の壁も比較的オープン」「部門の中でも、戦略立案が得意な人、システム基盤に詳しい人、分析の専門的な知見を持つ人、クライアントや協力会社とのネゴシエーションが上手い人など、得意な部分が異なる人が集まっている。」「オフィスにおける女性比率は高く、コンサルタントや営業でも女性が活躍している」「海外チームとのコミュニケーションも多く、自由な提案ができる雰囲気である」などがあります。

働きがいに関しては、「老舗ソフトウェア企業である強みを活かし、新たなサービスを開発、提供できる。」「顧客に大手企業が多く、規模の大きい案件に関わる機会が多い。」「少数精鋭であるため、1人が経験できる範囲がかなり大きく、早期キャリアの段階でも経験できる。」「技術的に難易度が高い仕事はなく、給与も比較的良いため、給与レンジが高い。」などがあります。

ワークライフバランスについては、「有休消化率は高く、組織運営コストが低い。」「プロジェクトのアサインできない時期は、自由に時間が使え仕事の管理が自分でできる。」「所属部署によるが、仕事とプライベートを分けることができ、また福利厚生も充実している。」などがあります。

SAS Institute Japanの会社概要

Photo byislandworks

SAS Institute Japanの会社概要を紹介します。

SAS Institute Japanは、もっと優れたデータ分析方法を求め、疑問への答えには、可能性が広がっているという認識のもと、事業を行っています。

社名 SAS Institute Japan株式会社
SAS Institute Japan Ltd.
本社 東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー 11階
設立 1985年10月3日
資本金 1億円
株主 SAS Institute Inc. (100%)
米国ノースカロライナ州キャリー
代表取締役 シュクリ・ダバギ
社員数 319名(2021年1月現在)
(世界中で12,545人)

1966年米国で、国立衛生研究所(NIH)からの助成金のもと、8つの大学が集結し、コンソーシアムを設立。Statistical Analysis System(統計分析システム)というプログラムが、社名の由来および会社の起源という2つの面でSASの基礎となっています。
グッドナイト、バール、ヘルヴィッヒ、ソールは、民間企業としてSAS Institute Inc.を創業。1976年3月に設立し、1978年には社員が21名、SASの顧客サイトは600件に到達。そして1979年にSASは初めて海外の顧客(Databank of New Zealand社)にソフトウェア・ライセンスを提供。SASソフトウェアはIBMのVM/CMSシステム上で稼働できるようになりました。1980年にはプレゼンテーション・グラフィックス向けのSAS/GRAPH® と計量経済分析/時系列分析向けのSAS/ETS® を配信し、最初の子会社であるSAS Software Limitedが英国で事業を開始しました。

SAS Institute Japanの読み方は?

Photo byStartupStockPhotos

SAS Institute Japanは、サスインスティチュートジャパンと読み、企業の経営課題解決を支援するアナリティクス・ソフトウェアを行なっていますまた、アナリティクス・ソフトウェアのリーディング・カンパニーでもあります。1976年の創業以来、全世界約80,000 サイトで SAS が採用され、高度な分析と将来予測を実現するソリューションを提供し、1985 年の設立以来、国内で 1,500 社 2,300 サイトの導入実績を誇っています。


 

SAS Institute Japanが日本における「働きがいのある会社」ランキングに選出された要因

SAS Institute Japanは、世界中のクライアントに対し、革新的なソフトウェアとサービスのデータをインテリジェンスに変換するための、パワーとインスピレーションを提供しています。
そんなSAS Institute Japanは、2021年版日本における「働きがいのある会社」ランキングに選出されました。
アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社は、イノベーションとクリエイティビティ、そしてワークライフバランスを重視し、米国本社を始め多くの国と地域で、「働きがいのある会社」ランキングの上位に選出されています。
その要因について紹介していきます。

・パーソナルバランスの確保
・デスク、チェア、リフレッシュメントなどの購入を補助
・オフィス機材の貸出
・在宅勤務手当の導入
・「対外セミナー」「親子でデータサイエンス」のOnline化


SAS Institute Japanは、従業員の働きやすさを考え、モチベーションとエンゲージメントを高めるための、工夫をしています。従業員が働きやすくなることで、ビジネス課題の解決やイノベーションにつながる李、経営層と従業員が一体となり、労働環境改善、制度改革、コミュニケーションの活性化などの取り組みが、ニューノーマルにな取り組みとして評価されています。
また、その取り組みにより、「働きがいのある会社」ランキングには4年連続の選出しています。
SASは強みを伸ばし、社員一人一人がそれぞれの働きがいを感じられる職場を目指し、調査に加え、各種研修やワークショップ等のサービスも展開しています。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

SAS Institute Japanへ転職をしスキルを活かそう

以上の内容をまとめると、SAS Institute Japanはアナリティクス・ソフトウェアのリーディング・カンパニーであるため、ソフトウェア系統におけるコンサルティング能力の向上ができる企業です。
転職の際には、コンサルティング、営業を行う上で必要なコミュニケーション能力や経歴が高いことが有利になるといえます。
中途採用に挑む際は、高いスキル・経験のほか企業についての理解度、自己分析ができているかどうかが求められているので、自分の強みをアピールする必要があります。自分の強みが活かせる部署、やりたいことができる部署を見定めて転職活動を進めていきましょう。

SAS Institute Japanへの転職の際には、企業への理解度、豊富な経歴・スキルをアピールできるようにしましょう。

そのために、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントの担当者は、高いコミュニケーション力、豊富な経歴・スキルを活かした転職サポートをしてくれます。

高いスキルを求められる難関選考の場合、ハイキャリア向けの転職情報サイト「インテリゴリラ」の利用をおすすめします。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
Fujita
ライター

Fujita

目次

人気記事ランキング