面接で気をつけるべき言葉遣いとは?マナーや注意点を紹介

面接で気をつけるべき言葉遣いとは?マナーや注意点を紹介

面接時の正しい言葉遣いについて曖昧な認識になっている方も少なくないでしょう。近年の面接はフランクにおこなわれる場合もありますが、正しい言葉遣いで面接に挑みたいですよね。また、面接で正しい言葉遣いができないとどのような印象を与えてしまうのかについても解説します。

記事の目次

  1. 1.面接での言葉遣いが与える影響は?
  2. 2.面接で気をつけるべき言葉遣い一覧
  3. 3.使ってはいけない言葉遣い
  4. 4.言葉遣いの注意点
  5. 5.面接では言葉遣いに十分に注意して挑みましょう!

面接での言葉遣いが与える影響は?

Photo byTumisu

面接での言葉遣いが悪いと、どんなに良いことを話してもマイナスな印象を与えかねません。さらに、相手に不快な思いをさせてしまいます。

しかし、言葉遣いが悪いことは面接に限ったことではありません。例えば、先輩や職場の上司、取引先など目上の人と話す時も同様です。

言葉遣いや受け答えの仕方、敬語を使えないと「この人、失礼だな」と思われかねません。あなたの言葉遣いで第一印象が決まってしまうといえるでしょう。

そのため、面接官は同じ会社で働く仲間として相応しい人材なのかを判断しており、言葉遣いや受け答えのマナーを確認しています。

「面接にふさわしい言葉遣い」ができることで、面接官に良い印象を与える事ができるほか、採用後に先輩や上司と話す時にも良い印象を与えられるのです。

言葉遣い一つで、あなたの評価が別れる可能性があるため、注意する必要があります。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

面接で気をつけるべき言葉遣い一覧

Photo bymohamed_hassan

面接で気を付けるべき言葉遣い一覧

  • 一人称
  • 企業の呼称
  • 語尾
  • お願いするとき
  • 了承するとき

ここでは、面接の際に「どのよう言葉遣いに気をつけるべきなのか」について、具体的に解説します。普段、丁寧語や敬語だと思い込んでいる言葉が実は、間違った認識をしているかもしれません。正しい言葉遣いを確認していきましょう。

一人称

友達や家族と話すときの一人称は「わたし」「ぼく」「おれ」「自分」などと言っていますよね。

しかし、正式なビジネスシーンでは「わたくし」を使うのが適切です。「わたし」でも間違いではありませんが「わたし」よりも「わたくし」の方がより丁寧な印象を与えられます。

普段話すときの一人称「ぼく」「おれ」などは、カジュアルな印象となるため、話さないように気をつけましょう。

企業の呼称

面接を受ける企業を指す場合は「御社(おんしゃ)」が正解です。

つい使ってしまいがちな「こちら」や「そちら」は面接の場では適切ではないため、いわないように注意しましょう。

例えば「こちらを応募した理由は〇〇です。」ではなく、正しくは「御社を応募した理由は〇〇です。」と、希望する企業のことを「御社」といいます。

なお、書類に記載する場合は「貴社(きしゃ)」と書くので、面接で話す際は混合しないようにしましょう。

語尾

面接での語尾は「です・ます調」の丁寧語で話すのが基本です。

普段から「です・ます調」で話すことに慣れている方は問題ないかもしれません。しかし、会社の同僚や先輩など普段からフランクなコミュニケーションをとっていると、くだけた印象の「ますー」や「だよね」などを使ってしまう可能性もあります。

面接場では適さない場合がほとんどなので、語尾の使い方に不安のある方は事前に練習しておきましょう。面接官は丁寧語や敬語など、正しい言葉遣いができているのかも判断しています。

お願いするとき

面接の場でこちらから何にか質問したい時や確認の際に「すみません」や「よろしかったでしょうか」はくだけた印象となるほか、間違った敬語です。

正しい言葉遣いは「よろしいでしょうか」です。

例えば、質問したい場合は「質問してもよろしいでしょうか?」が適切です。また、確認したい場合は「次の面接日は〇〇でよろしいでしょうか?」が正しい言い回しです。

了承するとき

面接では日頃よく使用する「了解です」「了解しました」「わかりました」は避けましょう。これらは、対等な立場(同僚)の人や目下の人に対して使う言葉です。言い換えとしては「承知いたしました」や「かしこまりました」と答えるのが適切です。

使ってはいけない言葉遣い

Photo by652234

ここまで、面接で気をつけるべき言葉遣いをお伝えしてきましたが、逆に使ってはいけない言葉遣いにはどのような「言葉」があるのかを確認していきましょう。

1つ目は「つなぎ言葉」です。つなぎ言葉には、間を埋める役割があり自分の言いたいことを整理できるメリットがある一方で、使いすぎてしまうと悪い印象を与えてしまいます。例えば「えーと」「んーと」「あの〜」などのつなぎ言葉の連続は、聞き手としても聞きにくくなってしまうのです。

つなぎ言葉は口癖になっている方も少なくありません。面接中に多様してしまうと、悪い印象を与えかねないため、ボイスレコーダーなどで自分の話し方をチェックしてみても良いでしょう。

2つ目は「若者言葉」です。若者言葉は面接の場では削ぐはないため使ってはならない言葉遣いです。以下に若者言葉をまとめたので、確認してみてください。

  • っす
  • っすね
  • っていうか
  • みたいな
  • とりあえず
  • めっちゃ
  • すごい

これらは若者の間では自然な使い方ですが、まだまだ違和感のある言葉としても認識されており、面接では使わないように注意しましょう。

3つ目は「語尾を伸ばす」です。語尾を伸ばしてしまうクセのある方は注意が必要です。語尾を伸ばしてしまうと幼稚でだらしない印象を与えかねません。例えば「です〜」「も〜」「ます〜」などが挙げられます。語尾を伸ばしてしまうクセのある方は、練習をして改善するしかありません。

言葉遣いの注意点

Photo bycongerdesign

正しいと思い込んで使っている言葉遣いが、実は間違った認識をして覚えている場合も少なくありません。ここでは、よく勘違いしてしまう「二重敬語」について解説します。

二重敬語としてよく勘違いしてしまうのが「伺わせていただきます」です。「伺わせていただきます」という言葉遣いですが「伺う」は謙譲語にあたり、その後ろの「させていただく」も謙譲語に該当します。つまり「謙譲語+謙譲語」の二重敬語になってしまいます。

そのため「伺わせていただきます」は「伺います」となります。そのほか「拝見させていただきました」は「拝見しました」が適切な言葉遣いです。

丁寧に話すことを意識するあまり、二重敬語が出てしまうことは少なくないため、普段から癖がつかないように意識しましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

面接では言葉遣いに十分に注意して挑みましょう!

Photo byRonaldCandonga

面接での正しい言葉遣いは、マイナスな印象を与えかねないほか、面接の合否にも影響します。しかし、普段から使っている言葉遣いをいきなり直すことは難しいかもしれません。

そのため、自身の口癖を把握した上で正しい言葉遣いを少しづつ身につけて、良い印象を与えられるようにしましょう。

たとえ完璧ではなくても、相手への敬意を持って正しい言葉遣いを身につけることが重要です。なぜなら、敬語を使おうとする姿勢が相手への敬意として伝わるからです。

なお、インテリゴリラでは有名企業などの選考内容を網羅しているため、今回ご紹介した言葉遣いとインテリゴリラでしか得られない情報を組み合わせ転職活動を進めてみてください。

 

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
清水ひろき
ライター

清水ひろき

関連記事

目次

人気記事ランキング