大手子会社への転職はおすすめ?採用情報も紹介

大手子会社への転職はおすすめ?採用情報も紹介

大手子会社への転職はおすすめでしょうか?大手子会社とはどの様な企業か、転職するメリットとデメリットは何か、また、転職する際の4つのポイントとは何かについてご説明しています。優良企業も多い大手子会社への転職を考えている人には、ぜひ読んでいただきたい内容です。

記事の目次

  1. 1.大手子会社とは
  2. 2.大手子会社の転職メリット・デメリット
  3. 3.大手子会社に転職する際のポイント4選
  4. 4.大手子会社への転職を検討しよう!

大手子会社とは

Photo by ColdSleeper

大手子会社とは、実質的な経営権は親会社にあり、50%以上の株式を保有されている大手企業のことを言います。

一般的に、株式会社は、株主が会社を支配しており、株主総会で会社方針を決定します。株主総会では1株を1票として取り扱うため、株式の50%以上を保有している場合には、どの様な意見でもそれに従うことになります。ですから、大手子会社の役員の選定・派遣状況や営業の方針については、親会社に決定権があります

では、よく似た言葉に「子会社」と「グループ会社」がありますが、その違いは何でしょうか?

「子会社」は、上記で説明した通り、実質的な経営権は親会社にあり、50%以上の株式を保有されている会社のことを言います。

「グループ会社」は、親会社と子会社、そしてその他関連会社を含む親会社と関係があるすべての会社のことを指します。なお、グループ会社のことを関係会社と呼ぶ場合もあります。ビジネス用語としては、関連会社と同じような意味合いで使用されるケースも多いです。

転職活動で大手子会社という言葉を聞く際は、「隠れ優良企業」という言葉で聞く場合も多いですが、全ての大手子会社が必ずしも優良企業である、ということはありません。大手子会社に優良企業が多いことも事実ですが、親会社とは全くかけ離れた業務を行う人材を非常に低い賃金で雇用するという会社も現実には存在します。

自分が転職を考える大手子会社が優良企業であるかについて、自分で正確な情報を集めた上で、判断を行うことが重要です。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

大手子会社の転職メリット・デメリット

Photo byGoumbik

大手小会社へ転職するメリットとデメリットには、どの様なものがあるでしょうか?

給料や福利厚生などの待遇についても非常に気になります。

そして、親会社と比べた時、入社の難易度はどうでしょうか?
 

大手小会社へ転職するメリットとデメリットに触れながら、上記の疑問点についても一つひとつご説明します。

大手子会社への転職メリット

Photo byRobinHiggins

大手子会社への転職メリット

  • 親会社よりも入社しやすい
  • 安定した給料
  • 福利厚生が充実
  • 社会的信用が高い

親会社よりも入社しやすい:業界や採用エリアによっての差はありますが、知名度が違うため、圧倒的に親会社の方が応募者は多くなります。ですから、親会社よりも子会社の方が入社難易度は低いです。

安定した給料:親会社の経営が安定していると、大手子会社の経営も安定していることが多く、必然とその場合には大手子会社給料は安定しています。組合があると、安定の度合いはさらに強くなります。


福利厚生が充実:福利厚生とは、育児・介護休暇や、産前産後休暇、確定拠出金や社員持株会、独身寮や借り上げ社宅の利用など企業が提供する従業員向けサービスの様な施策や取り組みの総称を言います。大手子会社も親会社と変わりなく、福利厚生を受けることが出来る場合が多く、働きやすいことが魅力です。

社会的信用が高い:親会社の知名度やブランド力により、ローンの審査も通りやすくなります。

働くなら親会社が絶対に良い、と考えている人も多いかもしれませんが、大手子会社の方が、大手企業や東証一部上場企業よりも待遇が良いという場合もあります。待遇はその会社の規模や知名度に必ずしも直結するということではない、ということをしっかりと覚えておいてください。

大手子会社への転職デメリット

フリー写真素材ぱくたそ

大手子会社への転職デメリット

  • 親会社に比べて給料が若干低い
  • 出世に対して不利な場合がある
  • 親会社の意向は絶対的
  • お客様からの期待が高い

親会社に比べて給料が若干低い:平均的には親会社の約8割と言われています。

出生に対して不利な場合がある:管理職については、親会社からの出向によって決められてしまう場合があります。

親会社の意向は絶対的:経営方針などは、親会社に決定権があるため、その意向に従わなければならないことが多いです。

お客様からの期待が高い:親会社に知名度やブランド力があるため、お客様からの期待値が高く、その信頼を裏切ることは絶対に出来ません。なぜなら、子会社だけではなく、親会社の名前にも傷をつけたり、信用失墜の原因となるからです。

大手子会社に転職する際のポイント4選

Photo byTumisu

大手子会社に転職する際のポイントは次の4つです。

大手子会社に転職する際のポイント4選

  • 自分が大手子会社向きなのかをチェック
  • 転職サイトを活用する
  • 親会社のホームページをチェック
  • 逆求人サイトの活用

①自分が大手子会社向きなのかチェック

Photo byTumisu

まずは、自分が大手子会社で働くことに向いているのかをチェックする必要があります。大手子会社は、親会社からの指示に従う傾向があります。その様な環境で働くことに向いている人とは、どのような人でしょうか?

例えば、社会的信用が高く、大手企業のブランド名が欲しい人や、大手企業には行きたいけど、学歴に不安があるという人です。

また、プライベートの時間を一番に考えたい人や平均以上の生活水準を求める人などは、大手子会社に向いていると言えるかもしれません。

②就職サイトを活用する

Photo byPexels

就職サイトを活用すれば、大手子会社を探すことが容易になります。

なぜなら、就職サイトには、大手企業の情報が多く掲載されているため、子会社の情報についても、多く得ることが出来るからです。グループ会社一覧などの情報を見れば、子会社の情報についてもまとめられている場合もあるのでおすすめです。

③親会社のホームページをチェック

Photo by slidez

就職サイトを活用して大手子会社の情報を見つけた後は、その大手子会社の親会社のホームページをチェックしましょう。

親会社のホームページを見れば、子会社の情報が正確かつ詳細に記載されています

気になる大手企業がある、という人はそのホームページを見て、どのような企業が子会社にあるのかを確認しておくことも重要です。

④逆求人サイトの活用

Photo bygeralt

大手子会社に転職を考えている人は、逆求人サイトを活用することもおすすめの方法です。

逆求人サイトとは、自分のプロフィールを入力して、それに興味を抱いた企業から直接スカウトメールが来るサイトを言います。

大手子会社から一番スカウトメールをもらいやすいと言われているのは、「オファーボックス(OfferBox)」というサイトです。かなりの数の子会社がオファーボックスを利用していますし、19%もの東証一部上場企業が登録をしています。

大手子会社への転職を検討しよう!

Photo bygeralt

大手子会社は優良企業が多く、非常におすすめの転職先です。

しかし、大手子会社にも、メリットとデメリットがあります。

自分自身のライフプランとキャリアプランを照らし合わせた上で、大手子会社に転職するかどうかの判断をすることが非常に大切です。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

下記インテリゴリラへの誘導

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
中田 正樹
ライター

中田 正樹

関連記事

目次

人気記事ランキング