ネオキャリアの平均年収はいくら?学歴別の年収や評判はやばいかを紹介

ネオキャリアの平均年収はいくら?学歴別の年収や評判はやばいかを紹介

ネオキャリアの平均年収は350万円〜400万円程度です。ただし実力主義の風潮が強い企業ですので、成果次第で年収の水準は変わってきます。マネージャー以上の役職に就けば高い年収を貰えるようになり、さらに昇格すれば年収1,000万円に到達することも可能です。

記事の目次

  1. 1.ネオキャリア平均年収
  2. 2.ネオキャリアの年代別・職種別・役職別の平均年収
  3. 3.ネオキャリアへ転職したら年収はどれくらい?
  4. 4.ネオキャリアが求める人物像
  5. 5.ネオキャリアはきつい?やばい会社という評判の真相
  6. 6.ネオキャリアの福利厚生
  7. 7.ネオキャリアで年収を上げるにはインセンティブが重要

ネオキャリア平均年収

https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリアの平均年収は350万円~400万円と言われています。
※転職口コミサイト参照

もちろんこれは平均なので、業務内容や役職によって年収レンジは変わってきます。
また、営業職の場合は、評価制度が業績に連動しているので、上記よりも高くなる可能性があります。

職種ごとの平均年収概要は、本記事に記載がありますので参考にしてみて下さい。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

ネオキャリアの年代別・職種別・役職別の平均年収

Photo bynattanan23

平均年収

  • 年代別の平均年収
  • 職種別の平均年収
  • 役職別の平均年収

ネオキャリアは、年代・職種・役職によって年収が大きく変わります。
実力主義の風潮が強いため、年功序列で年収が上がらず、高年収を狙うためにはしっかりとした成果が必要です。
また、成果を出しやすい営業職に関しては、他の職種よりも頭一つ抜けた年収となっています。

年代別の平均年収

20代:年収380万円
30代:年収420万円
40代:年収500万円

営業職は業績をしっかり出せば、20代でも高年収を目指せる評価制度になっているため、ホームページなどで内容をチェックしてみて下さい。

男性

男性

年代別の平均年収ですが、職種にもよりますが、正直なところ、成果によって大きなバラつきがあります。

20代でも、年収600万円程度をもらっている人もいれば、成果が出なければ、300万円代前半という人もいます。

また、成果が出なければ、昇進や昇給がないので、実際は、成果が出ないと会社に居づらくなるという側面もあります。

しかし、やる気がある人材に関しては、その時は成果が出ていなくても、しっかりと先輩や上司が向き合ってくれる環境なので、あまり恐れすぎる必要もないかと思います。

職種別の平均年収

営業職:390万円
企画職:365万円
マーケティング職:370万円

営業職は業績連動の評価制度の為、20代でも600万程度に達する社員もいます。

役職別の平均年収

支店長:563万円
マネージャー:883万円
部長:939万円

ネオキャリアではマネージャー以上の役職に就くと年収が跳ね上がります
特に部長クラスになると平均年収が939万円ですので、年収1,000万円に到達することも可能です。
役職に就けば、しっかりと年収があがるので、ネオキャリアではやりがいをもって働くことができるでしょう。

ネオキャリアの転職難易度は?気になる年収から口コミまで徹底解説!のイメージ
ネオキャリアの転職難易度は?気になる年収から口コミまで徹底解説!
転職エージェント出身者が、ネオキャリアへの転職難易度や年収、評判などを徹底解説します。 これまでの経験と最新情報をもとに、ネオキャリアへの転職をお考えの方にメリットのある情報をお届けします。 気になる方はぜひ記事をご覧ください。

ネオキャリアへ転職したら年収はどれくらい?

Photo byTumisu

ネオキャリアへ転職したら年収はどれくらい?

  • BPO事業部
  • キャリア人事統括部
  • コーポレート
  • ヒトシア事業本部
  • メディア事業本部

ネオキャリアは部署によって年収が変わります。
部署内でも職種によって年収が変わってきますので、それぞれの年収について詳しく確認しましょう。

BPO事業部

求人情報を参考にすると、BPO事業部の年収は400〜800万円です。
センター長などの役職が就くと、年収600〜800万円程度と高くなります。
また営業に関しては、上記の年収にインセンティブがプラスされます。

キャリア人事統括部

キャリア人事統括部の年収は400〜1,000万円です。
経験によって変わりますが、マネージャークラスになると、年収1,000万円を超えてきます。
マネージャー候補になると、500万円台からのスタートもあるそうです。

コーポレート

コーポレートの年収は300〜600万円です。
中途採用の場合は、経験に加えて前職の給与を参考にして決まるそうです。
リーダー候補であれば、年収は420〜550万円と、コーポレートの中でも少し高めの水準になります。

ヒトシア事業本部

ヒトシア事業本部の年収は300〜550万円です。
また、上記の年収に加え、成果によってインセンティブが支給されます。
インセンティブに関しては、15万円程度の人もいれば150万円程度貰える人もいるそうです。

メディア事業本部

メディア事業本部の年収は300〜600万円です。
営業職に関しては、上記の金額プラスインセンティブが支給されます。
チームリーダーになれれば、年収は400〜600万円と水準が高くなります。

ネオキャリアが求める人物像

Photo byPexels

ネオキャリアでは、『情熱と革新性をもって「これからの軌跡」を描いていく』という想いを大事にしています。

誰と一緒に想いの実現を目指すのかという点も非常に大事にしており、面接でも想いに共感して一緒に情熱をもって働いてくれるかを見ています。

ネオキャリアは今では人材業界での知名度も高くなってきましたが、2000年に創業した時のベンチャーマインドを大事にして今も運営が行われています。

部長や上層部も、非常にパワフルな人が多く、自ら考えて動ける人でなければ組織風土に合わない可能性があります。

ただ、営業職などの場合は、営業未経験からでもネオキャリアの想いに共感して熱い思いがあれあば、採用される可能性があるので、比較的門戸を広げている企業であるといえます。

男性

男性

ネオキャリアでは、職種関係なくスピード感を持って、能動的に仕事が出来る人を求めています。

20代の若い社員も多いので、社風や雰囲気は事前に確認してから入社する事をおすすめしています。

ネオキャリアはきつい?やばい会社という評判の真相

Photo bylukasbieri

ネオキャリアがやばいと言われている原因としては「結果が求められる会社」ということが理由として挙げられます。
ネオキャリアは実力主義の風潮が強い企業です。
成果を出さないと評価してもらえず、成果を出すために努力する社員が多いため「やばい」や「きつい」という評判が多く見られるのです。

マイナビの平均年収は530万|ボーナスや競合他社との比較ものイメージ
マイナビの平均年収は530万|ボーナスや競合他社との比較も
マイナビの平均年収は530万円です。実力主義の傾向が強く、良い成績を残せれば、その分高い給料を貰うことができます。また、役職に昇格すると役員手当が貰えるため、一気に年収が跳ね上がります。現在、マイナビは海外への事業展開も積極的に行っており、今後の事業成長にも注目です。

ネオキャリアの福利厚生

Photo byjaneb13

ネオキャリアの福利厚生は、以下の通りです。

  • ネオキャリー(部署異動希望申請制度)
  • 達成者食事会
  • 美JOB(女子会)
  • 従業員持株制度
  • 各種スポーツサークル
  • 財形貯蓄制度
  • FINC プラス(健康管理システムなど)
  • ネオオフィス(家族交流会)
  • 育児サポート手当
ネオキャリアの福利厚生は、社員のために考えられた制度が充実しています。
特にネオキャリーという制度に関して、部署異動を自ら申請でき、ネオキャリアは自分のやりたい仕事ができる環境だと言えます。
また育児サポート手当などがあることで、仕事の面だけでなく生活面でもサポートしてくれる制度となっています。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ネオキャリアで年収を上げるにはインセンティブが重要

出典: https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリアは、実力主義の風潮が強い企業です。
そのため、年収を上げるためには成果が必要で、成果を出せば高いインセンティブを貰えます。
一方で、成果を求められる分、きつく感じてしまう社員もいるそうです。
そのため、ネオキャリアはバリバリと働いて成長したいと考えている方に向いている企業だと言えます。

YUTA
ライター

YUTA

新卒でリクルートに入社し、その後、リクルートOBが経営する転職エージェントで、RA及びCAを担当。 現在は、某企業の取締役。 転職エージェントでの経験と知識及び、会社経営から得た知識をもとに記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング