【2021年版】東京建物への転職は難しい!年収の高さや業界の今後は?

【2021年版】東京建物への転職は難しい!年収の高さや業界の今後は?

東京建物は、東京建物は平均年収が1,000万円前後と高く、不動産業ながら働きやすい環境のある人気企業で、転職難易度の高い企業です。
この記事では東京建物へ転職を目指す人に、企業研究や面接対策に役立つ情報を徹底的に解説します。

記事の目次

  1. 1.東京建物への転職は難しい!
  2. 2.東京建物の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.東京建物の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.東京建物の転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.東京建物への転職の面接対策方法とは?
  6. 6.東京建物に転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.東京建物への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

東京建物への転職は難しい!

東京建物への転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【平均年収が1,000万円前後と高い】【不動産業ながら働きやすい環境】という理由で転職難易度が高くなってきています。

1つ目の理由は、平均年収が年収が1,000万円前後と高いということです。
2020年12月期の有価証券報告書によると、東京建物の平均年収は1,019.3万円です。年度によって前後するものの年収は高水準で安定しており、入社できれば会社員の平均給与を大きく上回ることは間違いないでしょう。

2つ目の理由として挙げられるのは、有給休暇などがとりやすく働きやすい環境が整っているという点です。
東京建物は不動産業なのでサービス業にあたるため、休日出勤もありますが基本的に有給取得には寛容な文化なようです。
大手企業らしい福利厚生が充実しており、短時間勤務制度・フレックスタイム制度、子供手当、子供の看護休暇、出産祝い金などが整っています。

以上のような理由で、東京建物は転職者から認知度や人気が高い企業の一つです。
大手ディベロッパーの中でも勢いのある企業なので転職難易度は高く、転職活動は入念な対策が必要です。

2021年の東京建物の動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年度の東京建物の新型コロナの対策として、5,600人以上を対象にした職域接種や、内装レイアウトや換気対策のシステム導入、空間除菌消臭装置などの導入といった具体的な取り組みを行っています。

東京建物の不動産業界は経済環境に大きく左右されており、新型コロナの終息に向けて徐々に回復傾向がみられるものの、依然として先行き不透明感がぬぐえていません。
新型コロナの動向を見守りながら、慎重な経営戦略と盤石な基盤づくりが必要となりそうです。

東京建物はディベロッパー業界内でも人気の企業なので、入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いでしょう。

そこで、東京建物のような転職難易度の高い企業へ転職したいのであればインテリゴリラへの登録がおすすめです。
インテリゴリラでは、他からは得られない実際の内定者や面接経験者の情報を得ることができます。
情報の信憑性やクオリティが高く具体的な企業研究や面接対策ができるため、失敗しない転職活動ができますよ。

東京建物等の難関企業の転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

東京建物の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo bymohamed_hassan

東京建物は旧安田財閥の創始者、安田善次郎が明治29年に設立した日本最古の歴史がある大手総合不動産会社です。
多様な暮らしの在り方を実現し、上質なソフトやサービスの追求で「お客様が驚きを感じられる魅力あふれる価値」を提供します。
東京中心に堅調なビル事業と、「Brilia」シリーズに代表される住宅事業、アセットサービス業など様々な事業に取り組んでいます。

会社概要

会社名 東京建物株式会社
創立 明治29年(1896年)10月1日
資本金 924億円(2020年12月31日現在)
代表者 代表取締役 社長執行役員 野村 均
従業員数 677名(2020年12月31日現在)
本社 東京都中央区八重洲一丁目4番16号 東京建物八重洲ビル

東京建物の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo bymohamed_hassan

東京建物の転職で求められる人物像は、信頼される人と未来を切り拓く人です。

東京建物のような大手ディベロッパーでは、様々な関係者と一緒にその地域の価値を変えていく大型案件に携わることになります。
そこで必要とされるのが「信頼」される人間です。多くの人を巻き込み、様々な利害関係の中でプロジェクトを進めるためには「信頼」される人間力が不可欠です。
また地域の価値を変えていく責任のある仕事は、「未来」を描き実現していく力も必要です。
面接ではこれまであなたが多くの関係者の中で、責任をもって取り組んだ仕事を具体的に説明し、信頼される人間であることをアピールすると良いでしょう。

東京建物の転職の選考フローや面接傾向は?

Photo bymohamed_hassan

東京建物の転職の選考フローは書類選考ののち、面接が2~3回、面接傾向は一般的な質問がほとんどです。
面接では「信頼を未来へ」という企業理念を意識し、あなたが様々な分野の人と意見を交わしながらものごとに取り組める「信頼」のおける人材であることをアピールしましょう。
また広い視野と豊かな創造性・発想力で、「未来」にむけて前向きに仕事に取り組んできたことが分かるエピソードを準備しておきましょう。

東京建物の転職の選考フロー

東京建物の転職の選考フローは、書類選考ののち、面接が2~3回行われます。
面接官は、募集部署の担当者と人事部が担当することが多いようです。
口コミでは面接後の合否結果連絡が早いといった声も多くありました。面接後はいつでも連絡をとれるようにしてせっかくのチャンスを見送らないように注意しましょう。

東京建物の転職の面接傾向

東京建物の転職の面接は、一般的な質問がほとんどのようです。
面接経験者の口コミでは、面接官にじっくり話を聞いてもらえた、主張したいことは全て言えたという声がありました。
しかしなかには「あなたを不動産に例えると何ですか」といった質問もあったようです。
自己分析をしっかりと行った上で東京建物の特徴を捉え、面接でアピールしたいことをまとめておきましょう。

東京建物への転職の面接対策方法とは?

Photo bymohamed_hassan

東京建物への転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題
なぜなら転職採用では新卒採用とは違い、経営視点で企業を分析し課題を理解する必要があります。
その上でどのように自分が活躍できるのかをアピールする必要があるからです。誰にでも思いつくような浅い面接対策ではなく、一歩踏み込んで企業分析することで人気企業への採用につながります。

東京建物への転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

東京建物を経営する上での基本方針

東京建物を経営する上での基本方針は、企業理念「信頼を未来へ」を土台に、【持続的成長】と【中長期的な企業価値の向上】を目指しています。
長期ビジョンでは「社会課題の解決」「企業としての成長」を両立して、2030年頃を見据え「次世代ディベロッパー」へと成長することを目標としています。

東京建物の目標に設定する経営指標

東京建物の目標に設定する経営指針は、2024年度において【連結事業利益:750億円】【ROE:8~10%】【D/Eレシオ:2.4倍程度】【有利子負債/EBITDA倍率:12倍程度】を掲げています。

「連結事業利益」とは、連結営業利益に持分法投資損益を加えたものです。(持分法投資損益:関連企業の利益のうち投資会社が保有する持分割合分の損益のこと)
「ROE」は、自己資本比率のことです。一般的に10%上回ると優良企業といわれます。
「D/Eレシオ」は、負債資本倍率のことです。有利子負債が自己資本の何倍かを表した数値で、低いほど財務の健全性が高いです。
「有利子負債/EBITDA倍率」は、事業から得られるキャッシュフローの何倍の借入をしているかを示す指標です。これが低い会社は、事業から得られるキャッシュフローに比して借入などの有利子負債が少なく、経営の安全性が高い企業です。

東京建物の中長期的な会社の経営戦略

東京建物の中長期的な会社の経営戦略は、【大規模再開発の推進】【分譲マンション事業のさらなる強化】【投資家向け物件売却の拡大】【仲介・ファンド・駐車場事業の強化】【海外事業の成長】【ESG経営の高度化】です。

堅調の分譲マンション事業の強化をはじめ、大型の再開発プロジェクトの推進により、安定的な賃貸利益の拡大に取り組むようです。
「ESG経営」とは、環境・社会・管理体制を意識した経営のことで、「サステナビリティ委員会」を設立して時代の変化に対応した社内体制を整えています。

東京建物の対処すべき課題

東京建物の対処すべき課題は、【新型コロナ感染拡大】【デジタル化の加速】【ESG課題解決への要請の高まり】などがあげられます。
テレワークの普及などの働き方の多様化に伴い、オフィス空間には協働やイノベーション創出ができる「場」づくりが必要になります。また住空間には、住むだけでなく快適に働きながらもくつろげる「場」づくりが求められます。
そのような多様化・高度化するニーズに向けた商品やサービスを提供していくことが課題だと捉えているようです。

東京建物に転職したい方への求人情報

Photo bymohamed_hassan

東京建物に転職したい方への求人情報は、以下の通りです。

  • ビルマネジメント
  • アフターサービス
現在の求人は2種類のみです。
なお、企業の公式サイトではキャリア採用の募集は行われいません。
募集は少なく、随時求人情報の確認が必要です。
ここでは参考に、ビルマネジメントを例に紹介します。
※各職種の詳細は求人サイトをご確認ください
  • 勤務地:東京都
  • 給与:400~899万円(賞与:年2回、昇給:年1回)
  • 福利厚生:財形貯蓄制度、社員預⾦制度、持株会、保養所(河⼝湖)他、在宅勤務、リモートワーク可、時短制度、出産・育児⽀援制度、慶弔⾒舞⾦、退職金、再雇⽤制度有(65歳まで)
  • 教育制度:若手社員研修、中堅社員研修、管理職研修、事業本部別研修、各種資格取得支援、通信教育受講支援、各種講習会受講支援、各種通学講座受講支援など
  • 雇用形態:正社員
  • 勤務時間:フレックスタイム制
  • 所定労働時間:7時間30分(休憩60分)
  • 残業手当:有
  • 年間休日:123日
  • 年間有給休暇:12日~20日
  • 休⽇休暇形態:完全週休2⽇制(⼟⽇祝⽇)、年末年始、創⽴記念⽇
求人の各職種では、必須応募資格が指定されているます。そのため求人サイトの募集条件を確認してから、対策をすすめていくのが良いでしょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

東京建物への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

インテリゴリラLINE公式アカウントに相談

東京建物は平均年収が1000万円前後と高く、不動産業ながら働きやすい環境があるため非常に人気があり、採用難易度は高いと言えます。

このように人気と知名度が高い企業への転職は、情報収集が大切です。
インテリゴリラでは、実際の内定者からリアルな面接内容や質問の傾向などの情報を得られるため、面接対策のレベルが大きく上がります。
詳細情報を知りたい方は、以下のURLからぜひチェックしてみて下さい。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
宮原卓
ライター

宮原卓

関連記事

目次

人気記事ランキング