【2021年版】タナベ経営への転職は難しい?コロナの影響・選考フローまで解説

【2021年版】タナベ経営への転職は難しい?コロナの影響・選考フローまで解説

タナベ経営への転職は難しいと評判で、その理由は求められる専門性の高さと同社の未来が明るいことにあります。各専門分野のスペシャリストから成る顧客最適のチームを編成し、クライアントの課題の解決に取り組むタナベ経営への転職のために突破するノウハウを紹介します。

記事の目次

  1. 1.タナベ経営への転職は難しい!理由は専門性の高さにあり
  2. 2.タナベ経営の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.タナベ経営の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.タナベ経営の転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.タナベ経営への転職の面接対策方法とは?
  6. 6.タナベ経営に転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.タナベ経営への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

タナベ経営への転職は難しい!理由は専門性の高さにあり

タナベ経営への転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【専門性が求められる】【企業の未来が明るく人気】という理由で転職難易度が高くなってきています

専門性が求められるという点では、経営コンサルティングにおけるクライアントとの関わりにおいて、業界知識、課題解決能力が、どの営業活動においても、必要になってきます。
また、企業の未来が明るいという点では、デジタルトランスフォーメーションが活発になっていることから、中小・中堅企業の変革を促すタナベ経営の社会からの需要は高く、企業の先行きも明るいため、将来有望であるとされています。

2021年のタナベ経営の動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年度のタナベ経営は、株価も業績も堅調です。
コロナ禍で普及したパソコン、5G、IoTという社会環境の中で、タナベ経営が手がけるデジタルフォーメーションに端を発する経営コンサルティングの需要が増し、業績も右肩上がりになっています。
そのためコロナ禍でも業績は安定しているだけでなく、今後、コロナ特需が終わり景気が冷え始めた際にも、同社にとっては影響が少ないと言えます。

そんなタナベ経営は年収が高く人気の職種なので、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。

タナベ経営等の難関企業の転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

タナベ経営の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo bymohamed_hassan

タナベ経営の基本情報である会社概要は下記の通りです。
会社概要

会社名 株式会社タナベ経営
TANABE CONSULTING CO., LTD.
代表取締役 若松 孝彦
設立 1957年10月16日
資本金 17億7,200万円
従業員数 523名(2021年4月1日現在)

タナベ経営が展開するチームコンサルティングブランド(TCB)は、クライアントとともに課題解決への道のりを歩み、ブランドとしての価値を磨きつづけてきた、タナベ経営独自のメソッドです。
各専門分野のスペシャリストから成る顧客最適のチームを編成し、「変化と成長に挑む戦略パートナー」として、クライアントの課題の解決に取り組みます。

船井総研の平均年収はいくら?福利厚生やボーナスなど解説!のイメージ
船井総研の平均年収はいくら?福利厚生やボーナスなど解説!
船井総研への転職で気になる平均年収、給与制度、ボーナス、評判・口コミを紹介します。年収が高いと評判のコンサルティング業界で、東証一部に上場し、過去6年間において社員数を増やしながらも増収増益を達成するという勢いがある船井総研へ転職をお考えの方は必見です。

タナベ経営の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo bymohamed_hassan

タナベ経営では、多くの経営者の皆様に頼っていただけるパートナーとして、様々な側面でのコンサルティングサービスを提供しています。
コンサルティング技術やノウハウは、入社後に段階を踏んで学び、吸収できる教育体制を敷いていますので、志願者の『今』に言及する選考は行っていません
『これからのあなた』に期待する上で、同社の選考ポイントは大きく分けて以下の3点に絞っています

タナベ経営の転職で求められる人物像

  • 最後までやり抜く、やり切る力のある人
  • 社会に貢献していきたいという、強い志のある人
  • 仕事を通じて成長したいという意欲の高い人

同社は、中堅・上場企業を中心としたクライアントの企業繁栄のパートナーとして、顧客が抱える課題の解決に取り組んできました。
コンサルティング提案を行うことが目的ではなく、あくまでも「課題解決」という結果を生み出すことが、当社にとっての事業目的のひとつで、その結果、企業の繁栄が地域や社会の繁栄へと繋がっていくとタナベ経営は考えています。
そのためには、トコトン向き合っていく「やり抜く力」は必要不可欠ですし、社会に貢献していきたいという熱い想い、そして自己成長を目指すために、PDCAサイクル(Plan/計画→Do/実行→Check/評価→Action/調整)を回し、一歩一歩着実に歩みを進めることができる人こそがタナベ経営にとって必要としています。

タナベ経営の転職の選考フローや面接傾向は?

Photo bymohamed_hassan

各専門分野のスペシャリストから成る顧客最適のチームを編成し、「変化と成長に挑む戦略パートナー」として、クライアントの課題の解決に取り組むタナベ経営への転職。
そんなタナベ経営の中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます
即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。

タナベ経営の選考フローは下記の通りです。
エントリー

書類選考(履歴書・職務経歴書)

適性検査・面接

筆記試験・面接

内定

また、タナベ経営は、コンサルティングファームであることから、ケース面接も問われますので、しっかりと対策しましょう。

ベイカレントコンサルティングの評判は?サービス内容から口コミまでを詳しく解説!のイメージ
ベイカレントコンサルティングの評判は?サービス内容から口コミまでを詳しく解説!
ベイカレントコンサルティングへの中途採用で気になる社長、サービス事例、ビジョン、評判について紹介します。コンサル業界の中で阿部社長の元、高いビジョンを持ち総合コンサルを手広く展開し事例も豊富なベイカレントコンサルティングの評判についての当記事は必見です。

タナベ経営への転職の面接対策方法とは?

Photo bymohamed_hassan

タナベ経営への転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

タナベ経営への転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

会社を経営する上での基本方針を知ることで、タナベ経営という会社のアイデンティティを知り、自己分析と重ね合わせることで、同社へのすり合わせを行うことができます。
目標に設定する経営指標、中長期的な会社の経営戦略について把握することで、会社の未来や行先を把握することができます。
また、会社の対処すべき課題やリスクを知ることで、同社の脅威を知り、より、俯瞰的にタナベ経営を見ることができます。

タナベ経営を経営する上での基本方針

タナベ経営は、「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」という経営理念を掲げています。
タナベ経営は顧客企業ごとの経営課題に応じて、「ドメイン(業種・事業領域)」「ファンクション(コーポレートファイナンス・HR・M&A・DX・マーケティング等)」「リージョン(全国10地域)」の観点から最適な専門コンサルタントを複数名選定し、チームを組成する「チームコンサルティング」という独自のコンサルティングスタイルにより、企業の存続・発展に貢献し、延いては社会にも広く貢献していきたいと考えています
そのために、社会や顧客にとってなくてはならない存在「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社(FCC)」の創造を経営ミッションとしています。

タナベ経営の目標に設定する経営指標

タナベ経営は、中長期的に持続的成長及び企業価値向上を加速させるため、新たに「One&Only 世界で唯一無二の新しいコンサルティンググループ TCGの創造」をスローガンとした中期経営計画(2021~2025)「TCG Future Vision 2030」を策定しました。

その上で、中期経営計画で目標としている自己資本当期純利益率(ROE)や総資産経常利益率(ROA)を向上し、収益性・安定性・効率性のバランスの取れた企業を目指しています。
そのために、「売上高」「営業利益」「売上高営業利益率」「自己資本当期純利益率」「総資産経常利益率」を重要な指標として位置づけております。

中期経営計画の最終年度である2026年3月期の目標としての売上高150億円・営業利益18億円・自己資本当期純利益率(ROE)10%・総資産経常利益率(ROA)15%・従業員数800名を実現すべく、以下の5点を成長モデルと設定し、推進しています。

タナベ経営の中長期的な会社の経営戦略

変化の激しい環境の中で多様化・専門化する経営ニーズに応えられるチームコンサルティングメソッドを開発する「グループC&C(コンサルティング&コングロマリット)戦略」(コンサルティング領域の多角化)を推進することが、タナベ経営の中長期的な経営戦略です。
この戦略を推進することにより、世界で唯一無二のチームコンサルティング価値を実現し、全国に数多くのFCCを誕生させ、タナベ経営は持続的成長を目指します。

タナベ経営の対処すべき課題

タナベ経営で人材の大量流出が発生した場合や顧客の評価を得られる人材の採用及び育成・活躍・定着が進まない場合には、タナベ経営の事業拡大の制約となり、経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
このリスクの顕在化を避けるために、採用においては採用ブランディング投資等により新卒採用とキャリア採用を共に強化し、育成においてはオンラインで場所と時間を選ばず学習できるデジタル教育コンテンツを用いてコンサルタントを養成する「タナベFCCアカデミー」により新入社員の早期戦力化を推進しています。

アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!のイメージ
アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!
アビームコンサルティングへの転職を成功させる為に、難易度・面接の対策・アビームの評判や口コミなどを説明しています。企業の業務効率化やDX(デジタルトランスフォーメーション)に強みを持つアビームへの転職をお考えの方にとって、必見の内容になっています。

タナベ経営に転職したい方への求人情報

Photo byFree-Photos

次に、タナベ経営の中途採用の求人情報を紹介いたします。
公式HPを参考に現在募集が行われている求人について紹介します。

【ポジション マーケティングコンサルタント】

  • 職務内容


【デザインプロモーション】
国内外800社のアライアンス先と戦略総合研究所のデザインラボチームとの連携により、
デザインの力を最大限に生かした各種プロモーション用品の企画・デザイン・製作を行います。
クライアントのブランドイメージやコンセプト、課題をヒアリングし、企画やデザイン、形状等仕様の提案からサンプル作製、製作現場のコントロール及び生産管理、事務局管理等アフターフォローも含めた一連の業務を一括して行います。
クライアントの条件に応じて創造性が必要であり、ハイクオリティで最適な提案を通して、支援しましょう。

【ブランドプロモーション】
ブランド認知度の向上、見込み顧客の獲得、競合他社との差別化、加えて顧客満足度向上によるロイヤルカスタマーを育成するため、経営戦略、販売戦略、ブランドストーリーに基づくプロモーションを実現します。
課題・テーマごとにチームを編成し、同時並行で連携してプロジェクトを進めることで複数課題を同時に紐解き、改善するチームコンサルティングが特長です。
ブランディング専門のコンサルタントとして、クライアントと共にブランドストーリーを実現しましょう。

 

  • 必要なスキルや資格

【必須要件】
1.法人営業経験者
2.顧客創造に積極的な方
  ※自分のノウハウを活かしてコンサルティング提案・顧客創造に能動的に貢献できる人
【歓迎要件】
1.百貨店外商、SPエージェンシーなど、
※SPデザイン&ツール、SPクリエイティブ、企画制作ディレクション経験者
2. BtoB・C企業の企画、マーケティング部門出身者
3.大手・中規模広告代理店出身者
4.採用コンサルや採用ポータルサイト系営業出身者

  • 勤務地

100-0005  東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング9F【タナベ経営 東京本部】
532-0003  大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41 【タナベ経営 大阪本社】

 

現在、タナベ経営ではマーケティングコンサルタント以外にも、経営コンサルタントでそれぞれ採用募集があります。
コーポレートサイトでは随時、募集される職種が変わるので、こまめにコーポレートサイトをチェックしておくと良いでしょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

タナベ経営への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

インテリゴリラLINE公式アカウントに相談

タナベ経営の中途採用が難しい理由、会社概要や事業内容、選考フロー、求める人物像、求人情報を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

タナベ経営は、求められる専門性は非常に高いですが、タナベ経営独自のメソッドであるチームコンサルティングブランド(TCB)を掲げ、クライアントとともに課題解決への道のりを歩んできました。
そんなタナベ経営では、中途採用が難しいだけでなく、年収も高水準である為、応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高いタナベ経営への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。
通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング