【2021年版】キヤノンマーケティングジャパンの転職難易度は?求められる人物像など詳しく紹介

【2021年版】キヤノンマーケティングジャパンの転職難易度は?求められる人物像など詳しく紹介

キヤノンマーケティングジャパンは世界で知られる大手企業です。そのため倍率が高く転職は難しいです。「どのような人がキヤノンに転職できるのか?」と悩む方もいるでしょう。この記事ではキヤノンマーケティングジャパンが求める人物像や具体的な面接対策など詳しく解説します。

記事の目次

  1. 1.キヤノンマーケティングジャパンへの転職は難しい!
  2. 2.キヤノンマーケティングジャパンの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.キヤノンマーケティングジャパンの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?
  4. 4.キヤノンマーケティングジャパンの転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.キヤノンマーケティングジャパンへの転職の面接対策方法とは?
  6. 6.キヤノンマーケティングジャパンに転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.キヤノンマーケティングジャパンへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

キヤノンマーケティングジャパンへの転職は難しい!

キヤノンマーケティングジャパンへの転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【倍率が高い】【未経験者の中途採用は行っていない】という理由で転職難易度が高くなっています。

キヤノンマーケティングはグローバル企業として事業を展開しており、世界中から注目されている大手企業です。多くの人に馴染みのあるカメラやプリンターの他に、映画製作機器や医療機器など幅広い分野で活躍しています。約370のグループ会社、約19万人のグループ会社員が、世界各地で働いています。
常に最先端の技術を開発し、あらゆる分野でトップクラスのシェアを誇ります。このような大手企業は当然人気があり、倍率が高くなります

また、キヤノンマーケティングジャパンの中途採用では、ほぼ未経験からの求人はないと考えて良いでしょう。同じ業界の経験豊かな人材か、専門的な業務を任せられる技術系などの募集がほとんどです。さらに言えば募集人数自体も少なく、採用されるには非常に狭き門をくぐらなければなりません。
しかし一方で、営業や企画など比較的幅広い人材を求めており、技術系に属していない方でもチャンスは十分にあります。

2021年のキヤノンマーケティングジャパンの動向やコロナの影響・課題やリスク

新型コロナウイルス感染拡大により、キヤノンマーケティングジャパンは大きな影響を受けました。特に昨年はテレワークが増えたことにより、オフィス向けの複合機の販売が減り減収減益となりました。その他外出自粛の影響によりデジタルカメラの販売も落ち込みました

しかしキヤノンマーケティングジャパンは、2021年代2四半期報告書で、新型コロナウイルスの世界的な感染により縮小したプリンターやカメラなどの市場の需要は大幅に回復したと記しています。そのため、生産活動や輸出が回復基調を維持している状況です。
また、医療機器などにおいても、医療機関向けの営業活動が進んだことで回復基調が継続し、その他の精密機器の分野でも順調に経営成績は推移しているとしています。

コロナ渦においては、どの企業も先行き不透明な状況ではありますが、2021年度のキヤノンマーケティングジャパンは好調に事業展開できているようです。
このような状況下においても、ブランド力と確かな技術力によって、安定した経営ができています。そのため同じ業界においても人気が高く、入社の難易度は今後さらに高まると予想されます。

入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくことが大切です
そこで、インテリゴリラの利用をおすすめします。インテリゴリラでは、入社難易度の高い企業の有益な転職情報をお伝えしています。

キヤノンマーケティングジャパン等の難関企業の転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

キヤノンマーケティングジャパンの会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo byFauno

キヤノンマーケティングジャパンはグローバル企業として世界中で幅広い事業を展開しています。事業領域はカメラやプリンター、映画製作機器、医療機器など多岐にわたります

特にその技術力の高さから信頼を得て、デジタルカメラ、レーザープリンター、FPD露光装置は世界シェアNo.1を実現しています。このことは、80年近くに及ぶ研究開発の歴史を持ち、ひたむきな姿勢で技術開発を追求してきた結果と言って良いでしょう。さらに世界トップクラスの特許件数・知的財産を創出しています
これらの偉業は、キヤノンマーケティングジャパンが環境の変化にいち早く対応し、新たな価値を提供することを強みにしてきた結果だと言えるでしょう

会社概要

名称 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
Canon Marketing Japan Inc.
設立 1968年2月1日
資本金 73,303百万円
売上高 連結:545,060百万円 単独:412,800百万円(2020年12月期)
従業員 連結:16,544名 単独:4,908名(2020年12月31日現在)
本社 東京都港区港南2-16-6
上場取引所 東京証券取引所第一部(証券コード:8060)
事業 キヤノン製品ならびに関連ソリューションの国内マーケティング
連結子会社数 16社(2021年3月現在)

富士通総研の年収は平均いくら?ボーナスや口コミ・評判をチェック!のイメージ
富士通総研の年収は平均いくら?ボーナスや口コミ・評判をチェック!
富士通総研への転職で気になる平均年収、ボーナス、労働環境や待遇などの評判・口コミを紹介します。年収が高いと評判のコンサルティング業界で、メーカー初のシンクタンク・コンサルティング会社として活動し各業界で評価の高い富士通総研へ転職をお考えの方は必見の内容です。

キヤノンマーケティングジャパンの転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?

Photo bygeralt

キヤノンマーケティングジャパンが求める人物像

  • 「顧客主義」の観点から仕事を進め、多様なニーズに対応できる人
  • 「三自の精神(自発・自治・自覚)」を揚げ、主体的に考え行動できる人
  • チャレンジ精神を大切にする人

キヤノンマーケティングジャパンの求める人物像は上記の3つになります。

キヤノンマーケティングジャパンの事業は顧客の存在がなければ維持できません。そのため顧客の観点に立ってそのニーズを見つけ、うまく対応できる人が求められます
また、企業理念である「三自の精神」はキヤノンの行動指針の原点です。そのため、何事にも自ら進んで行い、自分自身を管理し、自分が置かれている立場・役割・状況をよく認識できる人を採用したいと考えています

さらにキヤノンマーケティングジャパンは常に社会に新しい提案してきました。それは失敗やリスクを恐れていたらできなかったことであり、現在の地位はなかったでしょう。そのためにも、キヤノンマーケティングジャパンは常に新しい物事に果敢にチャレンジできる人を求めていると言えます。

キヤノンマーケティングジャパンの転職の選考フローや面接傾向は?

フリー写真素材ぱくたそ

キヤノンマーケティングジャパンの選考フローは書類審査と数回の面接となっています。面接回数は時期によって変わる場合もあり決まっていません。
面接の内容は和やかな雰囲気と行われること多いようです
また「挫折の経験はありますか?」「どのような人生を歩んできましたか?」といった内容の質問をされる場合が多くあり、人間性に重きを置いていることが伺えます
詳しくは以下で確認していきましょう。

キヤノンマーケティングジャパンの転職の選考フロー

キヤノンマーケティングジャパンの選考フローは書類審査後、数回の面接となっていますが、場合によっては適性検査が実施されることがあるようです。選考期間は2週間から1ヶ月程度かかります。

キヤノンマーケティングジャパンは幅広い人材の募集をしますが、いずれも職務経験者が求めれます。中には経験10年以上の人材を募集する職種や、中級以上の英語力を条件にしている募集もあるようです。
求人情報を見つけた際は、まず募集要項をよく確認しましょう。

キヤノンマーケティングジャパンの転職の面接傾向

キヤノンマーケティングジャパンの面接は和やかな雰囲気で行われることが多いようです。「面接官がよく話を聞いてくれた」といった声もあり、圧迫面接などの心配はありません。
質問内容は「あなたにとって働くこととは何ですか?」「どのような人生を歩んできましたか?」といった内容で、人間性を重視しています。他には「失敗したときはどうしますか?」と質問もあり、ストレス耐性についても関心があるようです

中途採用の場合は即戦力が求められます。そのため、上記の質問に加えてスキルや実績に関する内容の質問もされると思っておきましょう
そのため志望動機や企業研究、自己分析など基本的な準備をしつつ、これまでに携わってきたプロジェクトの実績や功績などを、より具体的に伝えてアピールできるようにしておきましょう。

【2021年版】日立製作所への転職は難しい!理由は安定した業績による人気にあり!のイメージ
【2021年版】日立製作所への転職は難しい!理由は安定した業績による人気にあり!
日立製作所への転職は難しいと評判で、その理由は成長性が高く、業績が安定していることにあります。ITの強みはさることながら鉄道やエネルギー分野にも進出する日立製作所への転職のために、突破するノウハウを余すことなく紹介します。

キヤノンマーケティングジャパンへの転職の面接対策方法とは?

Photo byathree23

キヤノンマーケティングジャパンへの転職の対策方法としては、下記の4点をしっかり把握することが大切です。

というのは、多くの企業は採用戦略を、経営方針や経営指標、経営戦略などをもとに考案しているからです
また、基本となるポイントを抑えることで、間違った対策や準備などせずに万全の状態で面接に臨めます。

キヤノンマーケティングジャパンへの転職で必ず覚えておくべきポイント4選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 目標に設定する経営指標
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

キヤノンマーケティングジャパンを経営する上での基本方針

キヤノンマーケティングジャパンの経営基本方針は成長戦力として、ITソリューション事業の強化することとしています
また、収益力強化の施策として「キヤノン主要事業の収益維持」と「ITを活用した社内生産性向上」を基本戦略としているようです。
他には産業別グループへの組織再編を行い、事業競争力の強化を図っていくとしています

キヤノンマーケティングジャパンの目標に設定する経営指標

キヤノンマーケティングジャパンは成長事業としてITソリューション事業のさらなる高付加価値のなビジネスの拡大を図るとしています。また、キヤノンマーケティングジャパンの主要製品事業は今後、国内市場の大幅な成長が見込まれないと考えています。そのため、より一層の生産性向上を行い販売台数の最大化を図って行きたいと考えています

その他、企業の仕組みや体制の構築に関しては変革を推進するリーダー、ITを活用した働き方改革、リスクマネジメントの強化などを経営戦力と一本化して進めていくとしています。

キヤノンマーケティングジャパンの中長期的な会社の経営戦略

キヤノンマーケティングジャパンは新しい中長期経営戦略として「グローバル優良企業グループ構想」フェーズⅥをスタートさせました。
フェーズⅥでは、事業ポートフォリオの転換第二段階として、組織を産業別に再編し技術の融合促進を試みることで、さらなる競争力や新たな事業創出につなげていきたいと考えています

フェーズⅥにあたる最終年度(2025年)には、過去最高売上の2007年を上回る、4兆5,000億円の売上を目指しています。

キヤノンマーケティングジャパンの対処すべき課題

キヤノンマーケティングジャパンは重要経営課題として、以下の5つをあげています。
 

高付加価値ビジネスの創出
キヤノン主要製品事業の収益力強化
多様な人材の育成と登用
働き方改革の推進
リスクマネジメントの強化・サステナビリティの推進

ビジネスの創出については、ソリューションの強化・拡大を図り、キヤノン主要製品事業については収益重視の販売戦略を加速させていきます

また、今後は職場における女性活躍推進を行うなど、積極的にダイバーシティに取り組んでいくとしています
その他ノー残業デーの徹底や時間外労働の削減など、これまでの活動に加えて、ロケーションフリーやITを活用し、社員一人一人の生産性を高める必要があると考えています

NECに転職したい人必見!気になる年収や評判・面接情報を徹底解説!のイメージ
NECに転職したい人必見!気になる年収や評判・面接情報を徹底解説!
現在、NECは中途採用としてさまざまな職種での求人を行っています。NECへの転職を目指す人にとって、NECの評判や口コミ、選考情報などの転職情報は必要不可欠だと思います。そこで今回は、NECの転職を目指す方に向けて転職に役立つ情報について解説していきます。

キヤノンマーケティングジャパンに転職したい方への求人情報

Photo bymwitt1337

キヤノンマーケティングジャパンには以下のような求人が出ています。

映像ソリューション事業に関わる企画業務、経理、品質保証・テスター、事業企画・運営、アート&テクノロジーによる空間展示やXR・映像等企画制作、基幹業務のパッケージのプリセールス、産業向けビジョン製品の技術営業、営業変革のITプロジェクトリーダー、大手顧客担当のアカウントセールス、営業、インフラ基盤の企画・構築・運用、コンテンツマーケティングリーダー、インフラ運用管理、広報・販売促進業務、セキュリティ・ネットワーク企画、デジタル印刷機等ソリューションスペシャリスト、セキュリティソリューション商品企画、半導体プロセス製造装置、法務スタッフなど、非常に幅広い人材を募集しています。

一例として、営業職について詳しく紹介ます。

業務内容は、ソリューションビジネスセールスです。主にエンタープライズ領域である大手、準大手、中堅及びそのグループ企業向けにソリューションを提供します。
就業環境は東京(品川)、名古屋、大阪に拠点があるためその近隣及び顧客の出先拠点への出張が発生します。
最終学歴は大学院、大学卒以上、必須条件はITソリューション営業2年以上です。

採用情報は随時更新されます。小まめに求人情報をチェックしましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

キヤノンマーケティングジャパンへの転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo byFotorech

インテリゴリラLINE公式アカウントに相談

今回の記事では、キヤノンマーケティングジャパンは【倍率が高い】【未経験者の中途採用を行っていない】という理由で転職難易度が高いという解説をしてきました

しかし、転職難易度が高くても必ず採用される人はいます。求められる人物像は多様なニーズに応えられる人やチャレンジ精神をもっている人でした。また面接の傾向としても、人間性を重要視するような質問が多くありました。つまり募集要項を満たした上でしっかりとした対策を行えば誰にでも転職するチャンスはあると言えます

そこでインテリゴリラの利用をおすすめします。なぜならキヤノンマーケティングジャパンのような転職難易度の高い企業への転職を目指す場合、きちんと情報収集をした上で対策を行う必要があるからです。
インテリゴリラを利用すれば、キヤノンマーケティングジャパンに関する有益な転職情報を得て、しっかりとした対策をとることができます

転職活動を成功させるためにも、ぜひ以下のURLよりインテリゴリラをチェックしてみてください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
hiroyuki0722
ライター

hiroyuki0722

よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング